健康を意識するなら 甘い飲み物に要注意

NAVIGATION

健康の為に飲みすぎる自分を戒める

お酒の魅力に、どうしても抗うことができません。どんなに「この一杯でやめよう」と思っても、また飲んでしまうのです。仕事が終わった後のお酒は特に美味しいのです。とくに、日本酒は一晩で一升瓶一本近く空けてしまうほどです。わたしのこの肥満体型は日本酒と豪快につまむ酒の肴が原因であると思っています。飲みすぎが食べすぎを誘発して、いつも12時頃にはベロンベロンに酔っぱらっています。お店で飲むと他の方に迷惑がかかるので、自宅で飲酒しています。こんな生活が健康に良い訳がありませんが、やめれないのです。それは、私の彼氏がまた酒豪で、私の酒のペース以上に飲む人で、この楽しいひとときが大好きだからです。彼との会話の中で、仕事のヒントをみつけたり、癒されている私なので、お酒無くして何が楽しかろう、と思っていました。

こんな飲みすぎの私に周りの人たちからお酒の量について、注意を受けたことは一度や二度ではありません。しかし、お酒を嗜んでいくうちに、斬新なアイデアがひらめき、仕事において大きな成果を上げることができることも事実なのです。しかし、この生活が2年も続き、会社の健康診断で糖尿病の警告を受けた時はさすがに「これではいけない」と思いました。健康を無くしては仕事どころか、人生そのものが元も子もなくなることをやっと気づいたのです。今すこしづつ、ではありますが、酒量をセーブしています。酒は飲まない、ではなく飲みすぎないことを心に留めて、百薬の長であるお酒とうまくつきあっていこうと思います。

サイトリンク



Copyright(c) 2017 健康を意識するなら 甘い飲み物に要注意 All Rights Reserved.